職業

保育士には便利な求人サイト|良い職場を見つけよう

仕事を変わる難しさ

女の人

仕事を変わるタイミング

転職を考える場合タイミングはとても重要であると考えられます。会計士として転職するケースを例に挙げてお話します。会計士として転職するケースの場合、すでに会計士であるか、これから会計士の資格を取得して転職するかは大きな違いがあります。会計士の資格は年々、複雑化する税制のすべてを理解していなければいけないため、資格取得が年々難しくなっています。会計事務所で働く人であっても、資格取得は困難で、現在、会計事務所を経営する人で後継ぎとなる人が資格がないという事務所が全体の40%あると言われています。仕事そのものは出来ても資格がない人が多いのです。現在、有資格者であっても独立開業や職場を変わるということには準備が必要で、転職のタイミングもしっかりと計算しておかなくてはいけません。

メリットとデメリット

会計士の仕事に変えるメリットとして、今後収入面や労働条件面が改善する、やりがいが出るなど、期待感があるでしょう。しかし、必ずしもそれが良い方向に出るとは限りません。会計士の場合、事務所を変わることは一般的に収入が改善されることがあるでしょう。しかしながら、長期で雇用していた事務所と今から働く事務所が今後の雇用で同じ条件とは言いきれません。転職により収入がアップした場合、給与で解決している傾向が見られ、業績悪化となった場合、減額される可能性は否めません。目先の条件よりも長期でのメリットを得るほうが良いこともあります。転職のときには、長期的に働くことを考慮しながら探すことが大事です。退職金の有無や福利厚生の充実度も、給与を見るのと同様にしっかりと確認することで、安心して転職することが出来るようになります。